無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« 代官山駅の近況 | トップページ | 今日のフェアーウェイ »

2009/03/15

昭和34年のサザエさん

両親の家には昭和40年代に刊行されたサザエさんの単行本が30冊くらいあります。
時折、つらつら眺めてみますがふーんというのがありました。
P2009031505
女の子は学問をするより早く結婚したほうが幸せだという父親と、経済的に独立するために学問が必要だという母親の対立を描いたものですが、まだまだ生まればかりなんだからと波平さんが仲裁するのがオチです。
奥付を見ると朝日新聞に掲載されたのが昭和34年1月なので、実はこの女の赤ちゃんは私と同学年になることに気がつきました。
私たちの時代は、まだこんな感じだったんですよね。
このマンガから20年近く経った頃でも、女の子は、4年制大学より短大に行ったほうが就職にも結婚にもいいと言われた世代です。

国会議員の片山さつきさんはこの赤ちゃんの1学年下、高市早苗さんと佐藤ゆかりさんは、それぞれ2学年下とたぶん3学年下になります。それぞれキャリアを重ねて議員になっているわけですが、こんな時代の生まれだからそれ相応に鍛えられているんだろうと想像もしますし、実感もあります。
いま、結婚か学問かなどという議論はほとんどないと思います。
時代の変化とはすごいと、サザエさんを見ながら感じてしまいこんな記事を書いてしまいました。
本の表紙はこれです。
P2009031502
マンガのなかの二人を両親と書きましたが、いまの感覚から見るとおじいさんとおばあさんにも見えますね。でも波平さんとワカメちゃんが親子ですから、たぶんこちらも親子だと思います。昔の大人は老けていましたね。これもいまと大きく違います。

右側のマンガのような姿は、いまや日本中どこに行っても見られないのでは。。。

« 代官山駅の近況 | トップページ | 今日のフェアーウェイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73050/44352020

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和34年のサザエさん:

« 代官山駅の近況 | トップページ | 今日のフェアーウェイ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31