無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« 古い切符を発見! | トップページ | 府中でひさしぶりにこころが乱れる »

2008/11/12

江古田の待避線に思いを馳せ、和食をいただく

めっきり寒くなった先日、西武池袋線の江古田駅近くのお寿司屋さんで食事をしました。こじんまりとしたお店で、その2階の座敷で2時間以上食べ、飲み、楽しみました。見るからにおいしそうだったので写真を撮ってしまいました。
P2008111202 P2008111206 P2008111203
左からお刺身の盛り合わせ、つまがガウディのサグラダ・ファミリアの尖塔のようです。天ぷらのほうは江戸前の魚ばかりということで、とくにかき揚げがおいしかったですね。
肝心のお寿司の写真がないのですが、焼酎を飲みながらつまんだ中トロ、貝ひもの巻物も乙なものでした。もちろんこの後、にぎりも少々いただきました。かなり贅沢な気持ちになりました!
こちらは江戸雅といって、今年の夏前にオープンしたそうです。
満足しながら江古田駅へ向かうと、ちょうど池袋行きの各停が入ってきました。手前側の4番ホームのレールはすでに外されつつあります。今年の6月のダイヤ改正で追い抜きがとなりの東長崎駅で行われるようになり、駅の改築も始まるということなので、この風景も早晩過去のものとなるのでしょう。
ホームの上で撮った何ということもない写真も、やがて懐かしいものになるんですね。
P2008111204 P2008111205
そういえば、映画Shall we ダンス?で役所広司がダンスを始めるきっかけは、江古田駅のホームから見上げたビルの窓に草刈民代が立っていて、そこがダンススクールだったことでした。
確か、通過待ちで開いたままのドア越しに見上げていたはずです。いまは待避がなくなってしまったので、もし時代設定が2008年夏だったら、役所広司はダンスに出会えないことになりますね...

« 古い切符を発見! | トップページ | 府中でひさしぶりにこころが乱れる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江古田の待避線に思いを馳せ、和食をいただく:

« 古い切符を発見! | トップページ | 府中でひさしぶりにこころが乱れる »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30