無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« 橋上化が進む館林駅 | トップページ | 日光8号の栗橋駅運転停車を観察 »

2008/08/13

日光駅の貴賓室を見学する

お盆休みで暑い日でしたが、JR日光駅の貴賓室が公開されているというので行ってみました。
日光線は一昔前は上野から直通の特急もありましたが、いまは普通電車だけが往復するローカル線になってしまいました。それでも新幹線からの利用者でしょうか、外人客も含めて観光らしい人もちらほらといていまだ品格はあるようです。宇都宮駅でも日光線のエンブレムが迎えてくれました。
P2008081212
約40分で日光駅に着きます。1番線ホームに接した貴賓室を早速見学してみます。思っていたよりも小さな規模ですが、大正時代の洋室の面影があってやはり貴重なものですね。あわせて駅舎2階のホワイトルームにも行きましたが、創建当時からのシャンデリアが見事でした。
P2008081202 P2008081203 P2008081204
さらに改札を出て駅舎全体を見ると、世界の観光地の玄関口として大正初めに改築された木造建築はさずがに立派です。駅のはずれの跨線橋から乗ってきた列車の出発を撮影。さらに振り返るとJR日光駅を巻き込むように走る東武日光線を区間快速がゆっくり走っていました。
P2008081201 P2008081207 P2008081206
東武日光駅まで5分もかからないのでちょっとのぞいてきました。こちらの駅舎は山小屋風で人出も圧倒的に多いようでした。ホームに止まっているスペーシアと区間快速を撮影。東武のスペーシアは最近は鬼怒川温泉に向かうきぬがほとんどなので、けごんと遭遇できたのは運がいいと言えます。
P2008081211 P2008081208 P2008081209
再びJR駅に戻りますが、東武日光駅前に比べると人の数が圧倒的に少ないのが痛感されます。
JRと東武の長年のライバル関係が10年以上前から勝負はついていましたが、2年前のJRと東武の相互乗り入れで止めを刺されたというところでしょうか。
帰りの宇都宮行きは2両編成でしたが、駅の立派さがかえって寂しいですね。駅前のお店もほとんど閉店していました。
P2008081213 P2008081205 P2008081210
JR日光駅の貴賓室公開は9月30日までで、記念入場券も販売されています。

« 橋上化が進む館林駅 | トップページ | 日光8号の栗橋駅運転停車を観察 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73050/42152721

この記事へのトラックバック一覧です: 日光駅の貴賓室を見学する:

« 橋上化が進む館林駅 | トップページ | 日光8号の栗橋駅運転停車を観察 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31