無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« トヨタロングパスエクスプレスを初めて撮れた | トップページ | 日光駅の貴賓室を見学する »

2008/08/11

橋上化が進む館林駅

お盆の季節になり暑い日が続きます。足利の友人を訪ねる途中、橋上化工事の進んでいる館林駅の様子を観察してきました。
館林駅止まりの電車を降りて、上りホームに回ると程なく下りの特急りょうもう号が入ってきました。かわら屋根のホームの雰囲気がいかにも北関東の大私鉄の駅らしいです。ホームの広告も地元中心で懐かしさを感じます。
P2008081004 P2008081005_2
東口改札口を出て振り返ると関東の駅100選にも選ばれた駅舎の全貌が見られます。一見すると石造りにも見えますが鉄骨構造の木造のようです。明治40年に開業して昭和12年に改築されたようで、もともとは駅舎中央の時計台を中心に左右対称の構造だったらしいですが、確認はしていません。
駅前には分福茶釜で有名な茂林寺の地元らしくかわいいタヌキがいました。
P2008081001 P2008081003 P2008081002
再び入場して、佐野線、小泉線の車両を撮ります。どちらも行き止まり式のホームでワンマンカーとなっています。
そして私はさらに下るべく大田行きの8000系に乗り込みました。館林駅から先の下り方面は単線なので、交換するりょうもう号を8000系の運転台窓から撮影しました。小泉線の車両が止まっている3番線が切り欠きホームになっているのもわかるかもしれません。
P2008081006 P2008081008 P2008081007 P2008081009
撮影している時には現在の駅舎が取り壊されると思っていたのですが、あとで館林市などのホームページを見てみると現駅舎は改修した上で残し、別に橋上駅を設けることになっていました。やはり由緒がある建物なので取り壊すには忍びなかったのでしょう。
それでも橋上化されるとホームの雰囲気をはじめ全体の印象はまったく変わってしまうでしょうから、いまのうちに見ておいてよかったと思うことにしました。

« トヨタロングパスエクスプレスを初めて撮れた | トップページ | 日光駅の貴賓室を見学する »

「旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73050/42131744

この記事へのトラックバック一覧です: 橋上化が進む館林駅:

« トヨタロングパスエクスプレスを初めて撮れた | トップページ | 日光駅の貴賓室を見学する »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31