無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« 昭和 写真の1945-1989 第4部 を見る  | トップページ | 新宿で早くも年末を実感する »

2007/11/03

上野で大徳川展を見る

上野の国立博物館で開催されている大徳川展を見に行きました。最近、日本趣味というか屏風や蒔絵などにこころ魅かれるようになり、ぜひ見に行きたいと思っていました。
文化の日で天気もよかったせいか、12時前に着きましたが入場制限があって30分ほど待ちました。
Imgp2007110301
会場もそこそこ混んでいてゆっくり見られるという雰囲気ではありませんでしたが、その中でも「姫君のみやび」と題されたコーナーの「国宝初音蒔絵調度」などの婚礼調度と蒔絵などの工芸品は見事なものでした。会場に数多くいらした女性からも「あんな道具があったら綺麗になれる」などため息まじりの声が聞こえていました。
ああした精緻な工芸品というのは、富が偏在する封建的な世界でないと発達しないのかもしれないと、ふと思いました。
1時間半ほど鑑賞して、ここまできたらやはりここを見ておかなければと旧博物館動物園駅の跡へ。きちんと保存されていました。
Imgp2007110302 Imgp2007110303 Imgp2007110304
東京都美術館裏の動物園口のほうもそのまま残っていました。もはや復活することはないにしても、このままの形でずっと残っていくのでしょうか。普通の都心ならばとっくに再開発されてしまうところでしょうが、やはり恩賜の公園の中というのが特殊事情なのでしょう。
そのままぶらぶらと上野の駅へ歩きます。上野の山から山手線を望むと、その左にはレストラン聚楽の建物がかろうじて残っています。この風景も数年のうちには見られなくなってしまうのでしょうね。
Imgp2007110305

« 昭和 写真の1945-1989 第4部 を見る  | トップページ | 新宿で早くも年末を実感する »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73050/16965995

この記事へのトラックバック一覧です: 上野で大徳川展を見る:

« 昭和 写真の1945-1989 第4部 を見る  | トップページ | 新宿で早くも年末を実感する »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31