無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« 深夜の銀座 | トップページ | 中沢けい 海を感じる時 »

2007/01/28

大久保駅前のそば 寿

大久保は何の街なのだろう。新大久保駅の周りには韓国料理屋が並んでいて、あたかも日本のなかのソウルのようですが、のつかない老舗(?)なのに大久保駅にはそこまでの個性はないように思えます。小中学校などで使用される検定教科書を購入できる第一教科書という本屋さんがあって、私の知っている一部業界では有名ですが、あまり一般的ではありませんね。
しかし、南口近くにある立ち喰いそばのそば処寿の格安なメニューは特筆モノでしょう。何しろいまどき、てんぷらそば(かき揚)が280円と300円以下で食べられるお店は23区内では稀有ではないでしょうか。
自動販売機で食券を買うのではなく、直接現金を渡すやり方も正しい立ち喰いそばという感じがします。味は? と言えばとくにすばらしくはないけれど、安心して食べられる正統派の味でしょう。かき揚もさくさくとして桜海老をはじめちゃんと具も入っています。
Imgp07012801 Imgp07012804
このお店で面白いのはサービス券のあること。3枚でいなり玉子きつね、5枚でおにぎり天ぷらコロッケ、8枚でなんとかけ1杯サービスです。サービス券が単語カードに手書きというのも泣かせますね。
そういえば、大久保に個性がないと冒頭に書いてしまいましたが、実は専門学校などがたくさんある隠れた学生の街だということを忘れていました。サービス券が単語カードの用紙を使っているのは、そのせいかもしれません。
Imgp07012803

« 深夜の銀座 | トップページ | 中沢けい 海を感じる時 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大久保駅前のそば 寿:

» 中日の色彩意識「黄色」 [中国からみた中国と日本の違い]
 中国人と日本人の色彩意識は、国の歴史や文化によって異なる面がある。 ここではまず現代の辞書に基づいて、「黄色い」を始め、「赤」、「白」、「黒」等の色から日中両国の文化の違いを調べておきたいと思う。「黄色い」 「黄色い」の辞書上の意味を先に調べてみた...... [続きを読む]

« 深夜の銀座 | トップページ | 中沢けい 海を感じる時 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30