無料ブログはココログ

おすすめの本

お願い

  • 当ブログではコメントおよびトラックバックは、承認制をとっております。不快な念をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、記事内容に関係のないスパムコメントやトラックバックが多いためですので、ご了承をお願いします。なお、明らかに記事内容と関連がないと判断したコメント、トラックバックは削除いたします。

« East i-Dに遭遇 | トップページ | 新宿駅の日光号と梅雨空 »

2006/06/25

さようなら、花屋の番猫くん

会社のそばにある花屋さんの番猫くんを以前、紹介しました。頭の良さそうな、片目の周りだけ黒くなっているかわいい猫でした。
ところが今日の昼間、彼が亡くなっていたということを知りました。
4月28日に近くの道路で車にはねられてしまい、ビルとビルの間にぐったりとして倒れていたそうです。そして手術をしてもとても助からないと言われ、お医者さんに1本だけ注射を打ってもらい、そのまま息をひきとったそうです。
花屋さんの前に、彼はもういません。
Imgp06062401
被写体として意識して撮影した人(猫)が亡くなってしまうというのは、私にとって初めての経験です。救いといえば花屋さんの猫だったので、ご主人の手の中でたくさんの美しい花に包まれて旅立つことができたことでしょうか。
以前の記事とは違うアングルの写真があったので載せてみます。グレ君という名前だったことを、今日初めて知りました。
Imgp06062402

« East i-Dに遭遇 | トップページ | 新宿駅の日光号と梅雨空 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、花屋の番猫くん:

« East i-Dに遭遇 | トップページ | 新宿駅の日光号と梅雨空 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31